2022年 1月 28日 (金)

事故連絡や保険金支払いが簡単、進化する「テレマ自動車保険」が続々 イーデザイン損保はDX型を発売

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   デジタルネイティブ世代を意識した新しい自動車保険、「テレマティクス自動車保険」が進化しながら、続々と登場している。

   インターネット損保のイーデザイン損保が、スマートフォンで契約手続きから保険金支払いまでを完結、迅速な事故対応や事故の未然防止につなげるDX型自動車保険「&e」(アンディー)」を、2021年11月18日に発売した。インシュアテック企業として、他のネット損保との差別化を図る狙いがある。

  • 「テレマティクス自動車保険」が進化している
    「テレマティクス自動車保険」が進化している
  • 「テレマティクス自動車保険」が進化している

「未然に事故を防ぐ」機能にも注力

   DX型自動車保険「&e」は、小型のIoTセンサーを車内に貼り付けてスマホと連携する、いわゆるテレマ保険の一種で、センサーが感知した計測やGPS記録で事故状況を動画で再現し、事故前後のクルマの速度や衝撃、損傷などのデータを事故担当者が正確に把握することで加入者の不安を軽減する仕組み。

   約1分の保険料試算や申し込み時に必要な入力項目の削減などをはじめ、事故連絡や保険金支払いまで操作の容易性を重視した。

   衝撃で事故を検知すれば1タップで事故連絡ができる。全国900か所超の提携修理工場への修理依頼もその場で入力できる。

   さらに、センサーで常時測る運転行動の分析で、ドライバーの傾向をつかむことが可能。安全運転の継続によるインセンティブも付与して事故を抑制していくなど、事故後の補償だけでなく「未然に事故を防ぐ」機能にも力を入れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中