2022年 5月 20日 (金)

働く妻の不在時、育休夫が保育園ママ友を家に招くのは許される?...不倫の下心?子育て相談に必要?専門家の裁定とは(2)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
「育休夫が妻不在時にママ友を自宅に招くのは許されますか?」

   こんな働く女性の投稿が炎上気味だ。2人の子を持つ女性の夫は1年間も育休をとり、家事育児、保育園の送り迎えと専業主夫状態で女性を支えていた。

   ところがある日、子ども連れだが、保育園の「ママ友」と互いに家を行き来していたことが判明、大ゲンカになったというのだ。

   「あり得ない!」「夫は不倫する気満々」と非難轟轟な一方、「ママ友との相談も禁じられ、ワンオペで育児をやれというの」と擁護する声もあり、大激論になっている。専門家に話を聞いた。

  • 夫の仕打ちには怒りを覚える(写真はイメージ)
    夫の仕打ちには怒りを覚える(写真はイメージ)
  • 夫の仕打ちには怒りを覚える(写真はイメージ)

「育休男性は8人に1人、過渡期ならではの問題」

   <働く妻の不在時、育休夫が保育園ママ友を家に招くのは許される?...不倫の下心?子育て相談に必要?専門家の裁定とは(1)>の続きです。

――今回の論争の背景には「男性の育休取得」あるいは「専業主夫」の課題があると思われます。川上さんが研究顧問をされている働く女性の実態を調べている『しゅふJOB総研』で、そうした問題を調査したことがありますか。

川上敬太郎さん「仕事と家庭の両立を希望する主婦層に、『あなたは男性の育児休業取得を義務化すべきだと思いますか』と尋ねたことがあります。
◇働く主婦は、男性の育休義務化をどう思っているのか?

この調査によると、『思う』という答えが過半数で、『思わない』という人は3割に届きません。この結果には、子育ては女性がするものという性別役割分業意識に対する反発心が隠されていると感じます。しかしながら、まだ育休を取得する男性は少数派なのが現実です。厚生労働省の雇用均等基本調査(2020年度)によると、男性育休取得率は12.7%に留まります。約8人に1人しかいません。
ただ、男性育休取得率は年々右肩上がりです。つまり、今回の投稿者さんの悩みは、いずれほかの家庭でも起こりうる課題であり、社会が新しい姿へと変貌していく中で乗り越えなくてはならない壁の1つだと言えるかもしれませんね」
ママ友同士やパパ友同士では不自由ないのだが...(写真はイメージ)
ママ友同士やパパ友同士では不自由ないのだが...(写真はイメージ)

――回答者たちの意見の多くは「子連れとはいえ、妻の不在中に女性を家に入れるなんてあり得ない」「不倫する気満々」と、夫を批判する声が多いですね。

川上さん「妻が不在時にママ友を家に入れることから何を連想するかは、かなりの個人差があるように思います。『あり得ない』『不倫する気満々』と悪い方向に考えてしまう人もいれば、子ども連れなのだから気にならない、という人もいるのではないかと思います。また、夫がどういうタイプの人なのか、ママ友がどういうタイプの人なのかによっても、左右されるのではないでしょうか」

――たしかにそうですね。ただ、夫には「前科」があるようです。結婚前、「二股をかけられた」というものです。

川上さん「なかなかデリケートな問題ですが、過去は過去と割り切れる人もいます。しかし、その時の記憶が深く刻まれていれば、夫を疑いの目で見てしまっても不思議ではありません。もし、実際には何もやましいことなどなかったとしても、そのような過去を踏まえれば、夫はもう少し慎重に振る舞うべきだったように思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中