2022年 5月 22日 (日)

最後に笑うのはメーガン妃?! コロナ復帰後の英エリザベス女王が「どうしても会いたい」のは誰?(井津川倫子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナウイルスに感染したと診断されて療養していた英国のエリザベス女王が、無事公務に復帰して元気な姿を披露しました。

   復帰後、初の面会相手に選んだのは、「イケメン」で知られるカナダのジャスティン・トルドー首相。190センチのトルドー氏を、満面の笑顔で見上げていたエリザベス女王でしたが、報道によると、女王が今、「一番会いたい!」と熱望しているのは、遠く米国に住む「あの人」だそうです。

  • エリザベス女王はトルドー氏をウィンザー城で迎えた(写真はイメージ)
    エリザベス女王はトルドー氏をウィンザー城で迎えた(写真はイメージ)
  • エリザベス女王はトルドー氏をウィンザー城で迎えた(写真はイメージ)

イケメン首相を、最高の笑顔と「ウクライナ」色でおもてなし?!

   2022年3月、英国ウィンザー城でトルドー氏を迎えたエリザベス女王。新型コロナウイルス感染が公表されてからもオンラインでは公務を続けてきましたが、初めての面会の場では、女王流の「おもてなし」を見せつけました。

Queen Elizabeth meets Justin Trudeau in first appearance since catching COVID-19, in front of blue and yellow flowers
(エリザベス女王が、青色と黄色の花の前で、新型コロナウイルス感染後初めての公務としてジャスティン・トルドーに面会した:米ABCニュース)

   世界中に配信された映像で印象的なのは、何よりもエリザベス女王のはじけるような笑顔です。握手をしながら、まるで少女のようなキラキラと輝く目で長身のトルドー氏を見上げていて、「こんなに全身で歓待ぶりを表現されたら、誰もが女王の虜になってしまうだろうな」と、思わずうなってしまいました。

   実際、トルドー氏もとろけるような笑顔で、いつも以上に「イケメン」ぶりが際立っていました。

   メディアが注目したのは、部屋に飾られた花束です。握手をする二人の背後には、ウクライナの国旗の色である青と黄色の見事な花がアレンジされていましたが、地元メディアはこれを「ロシアの侵攻に苦しむウクライナ国民に向けた女王の応援メッセージだ」と伝えています。

   満面の笑顔でお出迎えをしつつ、花束でさりげなく政治的なメッセージを発信する...。70年の長期にわたり、世の移り変わりを見てきたエリザベス女王ならではの「超一流のおもてなし」ではないでしょうか。

   なかには、「女王は、自国のボリス・ジョンソン首相より先に、トルドー氏を面会相手に選んだ!」と、ジョンソン氏を揶揄するような報道もありましたが、世界の注目を集めるという意味では、トルドー氏を選んで大正解だったと思います。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中