2024年 5月 31日 (金)

「年収が夫の2倍に...彼のプライド傷つけそう」成果報酬でバリバリ稼ぐ女性の投稿が炎上気味、「隠すべきか」「伝えるべきか」で賛否...専門家に聞いた(3)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
「年収が夫の2倍になりそう。夫のプライドを傷つけずにすむ方法ってある?」

   そんな悩みを訴える女性の投稿が炎上気味だ。女性は成果主義の企業で働く専門職。夫は年功序列型企業で働くサラリーマン。年収の差がどんどん開く一方だという。

   「男はプライドの生き物。金額を言ってはダメ」という意見と、「自分に誇りを持って堂々と言おう」という意見で賛否がわかれる。

   仕事ができる妻の前に「夫のプライドの壁」が立ちはだかり、問題をややこしくしている。専門家に聞いた。

  • 年収のことを夫に話すかどうかで悩みが…(写真はイメージ)
    年収のことを夫に話すかどうかで悩みが…(写真はイメージ)
  • 年収のことを夫に話すかどうかで悩みが…(写真はイメージ)

根本的な解決をはかるには、どうしたら?

   <「年収が夫の2倍に...彼のプライド傷つけそう」成果報酬でバリバリ稼ぐ女性の投稿が炎上気味、「隠すべきか」「伝えるべきか」で賛否...専門家に聞いた(1)>および<「年収が夫の2倍に...彼のプライド傷つけそう」成果報酬でバリバリ稼ぐ女性の投稿が炎上気味、「隠すべきか」「伝えるべきか」で賛否...専門家に聞いた(2)>の続きです。

――たとえば、夫のプライドをくすぐる解決策として、収入が上の妻が共同名義のクレジットカードを2枚作り(実質支払いは妻)、外食、買い物では常に夫がこのカードで支払い、面目を立たせる――こんな方法を提案した人もいます。年収が夫より高い女性は、いろいろと工夫をしていますね。

川上敬太郎さん「夫のプライドがどこにあるのかによってくると思います。支払時の体面の問題だけなのであれば、クレジットカードを夫に持ってもらうのは1つの解決策になるのかもしれません。
しかし、そもそも夫が年収額の高低を気にしているのであれば、残念ながら根本的な解決にはならないと思います」
妻のお金で夫にクレジットカードを持たせるのも手?(写真はイメージ)
妻のお金で夫にクレジットカードを持たせるのも手?(写真はイメージ)

――いやあ、困りましたね。ところで、投稿者はまだ20代です。これから子どもができる可能性があります。成果主義の会社で産休・育休をとったり、成果が出なくなったりしたら年収が夫より減るかもしれない。「しばらく放っておけばよい」という意見もけっこう多くありました。

川上敬太郎さん「たしかに、そのうち投稿者さんの年収がグッと下がってしまう可能性もあるかもしれません。投稿者さんが『黙っているのも後々バレたら問題になりそう』と言っている点は気になりますが、5年、10年のスパンで考えれば、放っておくことが一番無難という可能性もありえます。
しかし、いまは育児や育休取得が妻だけの役割という時代ではなくなりました。夫の考え方にもよりますが、子どもができたからといって必ずしも女性である投稿者さんが育児に時間を奪われたり、仕事で成果が出せなくなったりして年収が下がってしまうとは限らないようにも思います」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中