41歳 「引退年齢」すぎても輝くバレリーナに驚嘆

印刷

   世界三大バレエ団のひとつ、英国ロイヤル・バレエ団。王立で、名誉総裁はチャールズ皇太子とくると、バレエに全く無知な私でもその素晴らしさが理解できる。今回の『プロフェッショナル 仕事の流儀』ゲストは、そこでゲスト・プリンシパル(最高位ダンサー)をつとめるバレリーナ・吉田都。

   吉田は1984年に最初のバレエ団に入団し、以来様々な舞台で活躍を続けている。

   「舞台が終わった後、余韻にふけるんですか? それとも反省ですか?」との質問に、彼女は「もちろん終わった後は達成感というか、ほっとした気持ちがあります。けど・・・」と言って続けた。

   「その日の夜に、必ず全幕、一幕の最初から最後まで、頭の中で『あそこはああだったな』ってステップ一つずつ通しますね。足の動きが良くなかったな、とか、体の向きの角度とか、反省します」

   そして「百点満点の演技? そんなの今までにないですよ」と笑った。自分の才能に自惚れない姿勢が素敵だ。

   驚いたのは吉田の年齢だ。現在41歳。バレエ団で活躍するバレリーナは、その多くが20代。30代になると引退するのがパターン。しかし吉田はいまでもたくさんの舞台で活躍している。日々の過酷な修練があってこそなのだろうが、やはり驚きを隠せない。

   多くの若いダンサーが彼女の地位を狙っていることだろう。にもかかわらず、今なお輝き続けることができるのは、彼女がプロとして誇りを持っているからなのではないだろうか。

   現場の第一線で活躍していても、いずれは引退しなければならない。しかし世間で一般的に言われている「引退年齢」を過ぎても、さらに輝きを増していく人もいる。吉田のような生き方を知ったことで、長いであろうこの先の人生の、仕事に対するスタンスが変わった。

   ※NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 「自分を信じる強さを持て~バレリーナ・吉田都」(2007年4月24日放送)

文   慶応大学・がくちゃん
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中