「松岡大臣よりも悪質」赤城農水相

印刷

   赤城徳彦農水相の事務所費問題がくすぶり続けている。

赤城さんも安倍さんに対して失礼だ

   茨城県筑西市の実家を後援会事務所として、政治資金報告書で10年間に9000万円の経費を計上していたが、両親や周辺の人たちが「ほとんど使ってない」と言ったことから、「虚偽か」と大騒ぎになった。

   当の赤城大臣は「事務所は水戸にもあるので合算している。法律に則っている」と、前任松岡大臣の「なんとか還元水」発言とそっくり。印象としては最悪だが、安倍首相はなおかばい続ける、というより、自分を守るには続けざるをえない。

   政治資金規制法ではこれまで、事務所費は「支出は総額だけを報告」すればよかったから、赤城氏の場合もまずは「合法」。だが、人を雇ってもいないのに人件費が5300万円となると、「おいおい」といいたくなる。本当は何に使われたんだと。

   加藤浩次が「なんでそんなにかかるの?」というのに、勝谷誠彦が「出せば簡単なのに出せない。議員会館の事務所の方でも年1000万円つけてるうえにこれでしょ。松岡大臣よりも悪質」

   テリー伊藤は「赤城さんも安倍さんに対して失礼だ。元々週刊誌に出るような話なら、自分だってわかってるはず。安倍さん側だって、税務署に聞けばすぐわかった話でしょ」

   今日の朝日新聞の比例投票先調査では、民主26%、自民22%と出た。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中