「これは警察の大失態!」札幌監禁事件で「新事実」発覚

印刷

   札幌で男が自宅に女性を監禁、自殺した事件をベテラン・リポーターの阿部祐二が追っていた。

証言が食い違ってるのはおかしい

   いつものように深刻な、下からライトで照らされているようなホラー顔でうろつき、関係者にマイクを向けて回る。そして、地道な取材が実を結び、やっと掴んだ「新」事実――

   通報を受けた警察が容疑者の自宅アパートへ行く。そこで問答があり、容疑者の応答がなくなってから5分後に窓から突入したとの公式説明。しかし、番組が得た目撃証言によると、「沈黙」から突入まで20分あったというのだ。

   この事件では、別の行方不明の女性と死亡容疑者の接点が明らかになっている。もし、突入した時間が15分早ければ、「容疑者が自殺する前に確保できたと思う」と阿部は訴える。行方不明事件の解決にもつながったのではないか、と。

   阿部の問題提起に、司会の加藤浩次は「警察と目撃者の証言が食い違ってるのはおかしいですよねえ」などと、どっちつかずの無難なコメントに終始。

   しかし、弁護士の八代英輝は「これは警察の大失態ですよ!」と、席から伸び上がり、跳び上がらんばかりの勢いだった。「目視できた容疑者を視界から外してしまい、容疑者を死なせてしまった。警察が一番やってはいけないこと」

   ただ、報道されている限りでは、警察と容疑者のやりとりは「玄関での呼びかけ」「ドア越し」とある。「視界から外した」というのは、不正確な発言かも!?

   にしても、この20分証言の真否は気になるところだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中