死ぬまで放置?死んだら隠蔽?時津風部屋の「奇怪な対応」

印刷

   時津風部屋での若い力士の急死が、一種のリンチの果てらしいことが明らかになってきた。昨日(9月27日)、亡くなった時太山(本名斎藤俊17歳)の父、正人さん(50)が記者会見して、涙ながらにその顛末を語った。

どうしたらいいでしょう?

   亡くなる前の日、息子は電話で「いい子になるから迎えにきて」と訴えた。が、父は「もうちょっとがんばれ」と言ってしまった。「信じてやれなかったのが一番くやしい」と。

   さらに「うまく言えない。言葉にならない。グチをいっても帰ってくるわけじゃない」「あなたならどう思いますか。自分の子どもを殺されたら」とも。

   死亡当日の部屋とのやりとりも明らかになった。

   まずおかみさんから電話で、「稽古中に倒れた。いま病院です」。追っかけて時津風親方(57)から「申しわけありません。死にました。急性心不全でした」と、そして「火葬にしてよこす」というので、正人さんは断った。

   そして、荷物のように送られてきた全身傷だらけの無残な遺体を前に、「なんで?としか言いようがなかった」。翌日親方が訪ねてきたが「通常の稽古です」の一点張りで、冷静だったという。

   そして、行政解剖を経て警察が動いて、わかってきたことは――

   6月25日夕食時に、親方がビール瓶で頭をなぐり、兄弟子数人が殴るけるの暴行を加え、うちの1人が金属バットで殴っていた。

   翌6日、早朝稽古に起きて来ず(起きられなかった?)。午前11時すぎ、引きずり出して、はげしいぶつかり稽古を約30分。時太山はぶっ倒れ意識不明になったが、通路に放置された。

   1時間以上経った午後零時50分ころ、119番通報。救急隊員が心肺停止を確認。病院で死亡を確認。 

   みのもんたは「救急から警察に連絡がいって、警察が遺体の状況を見ておかしいと思わなかったのか。これがわからない」といぶかったが、解説の中澤潔は「それより、死亡そのものが一日伏せられているんですね。それで私は何かあるなと思った」という。「場所前だから、客の入りを考えたのかもしれない」

   「時津風親方はどんな人ですか」(浅野史郎)

   「温厚な方です」(中澤)

   「温厚な方がこれでは、どうなっちゃうんです?」(浅野史郎)

   「この期に及んでも、ファンとか世間への謝罪より、内部のメンツにこだわってるような気がする」(中澤)

   「新弟子も少ないでしょう」(みの)

   「ますます子どもを預けようという親はいなくなるでしょう」(中澤)

   で、肝心の日本相撲協会の動きは相変わらず鈍い。「どうしたらいいでしょう?」とみの。

   中澤は「相撲協会は、功なり名遂げた年寄りの集まり。外部の人は入れません。自分たちで反省する力をもち、世間に耳を傾けないと」というのだが、簡単にできるのなら、とっくに変わっているのでは?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中