ママ~、どう言えばいいの? 船場吉兆会見まるで腹話術

印刷

   こんな面白い会見というのは、滅多にない。牛肉などの偽装表示で矢面に立たされている「船場吉兆」がきのう(12月10日)行った謝罪会見は、この会社の実態をテレビの前で見事にさらけ出してしまった。

ちょっと違う

   そもそもは、「従業員がやった」「仕入れ先が」といっていたのを、この日はじめて取締役の責任を認めたはずだったのだが‥‥記者の質問にいいよどむ湯木喜久郎取締役(45)らに、脇に座った母親で女将の佐知子取締役(70)が、ささやく声がマイクに筒抜け。

   ——従業員の独断はあったのか?
   ここは母がきっぱり「ございません」
   ——なぜ食い違ったのか?
   「‥‥」(頭が真っ白で‥)(頭が真っ白になってて)「初めての会見で頭が真っ白といいましょうか‥‥」(責任逃れの発言を‥‥)「責任逃れの‥‥」

   ——九州の牛肉を但馬牛だとした‥‥
   「あの‥‥」(大きい声で)(目を見て!)「法令遵守が甘かった」
   ——消費者を欺くことになると認識していたのか?
   (そらしてへんわ)「‥‥」(知らへんわ)(ほら、しっかり言わんか)

   ——お客を欺くという意識は?
   (なかったと)(ないよ)「結果的に欺くことになって‥‥」
   ——その時点でその意識はあったのか?
   (ない、ない)「‥‥申しわけございません」(はい、ないです)「思いが至らなくて‥‥」(結果的に‥‥)「結果的に欺いたと‥‥」

    といった具合。うつむいたままの息子と違い、母は何を聞かれても即答する。

    唯一、取り乱したのが、「父に対して申し訳ない」といったとき。「おまえは何ということをしたんやと、叱られると‥‥」と涙を流した。しかし、退任はしないという。

   父は吉兆の創業者、故湯木貞一氏。1930年に開いた割烹「吉兆」を一代で和食の頂点にまで育て上げたひとだ。1男4女には別々の吉兆をもたせ、佐和子氏は三女。貞一氏が生きていれば、烈火のごとく怒ったことだろう。他の吉兆からの批判も強い。

   赤江珠緒が「腹話術みたいですね」といった。

   森永卓郎も「ママが実質的な権力者で、それが取締役に残るということは、なんの反省もないということ」という。

   大沢孝征は「再生するには、あの女将しかないでしょう。あのていたらくで、他の人がちゃんとできると思いますか? ことの真相がみんなわかってしまって、なんのための会見だったのか」とまでいう。

   赤江は「父に申しわけないというのは、ちょっと違う」と。

   まったくだ。にしても、女将の迫力はすごかったね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中