イージス艦事故 「船乗り」テリーの推理とは

印刷

   自衛隊の最新鋭イージス艦「あたご」と漁船が衝突した事故が30分間のトップニュースとなった。番組冒頭のお知らせVTRでは「(スマップ)中居が丸刈りに!」を延々と告知し続けていただけに、ギャップがはげしい。

油断が一番だ

   イージス艦ではレーダー係も含めて、10人前後が周囲を警戒しているのだという。ゲスト出演した軍事ジャーナリストの神浦元彰は「日本中の船乗りは同じことを思ってます。双方の見張りが不十分だったということ」と声を張り上げる。

   漁船のほうは2人しか乗っていなかったし、漁の準備に気を取られていたのかもしれない。では、イージス艦の10人はどうしたのか。「居眠りしていたのか、雑談してそちらに気を取られていたのか」

   では、ここで殺人犯から犯罪被害者、自衛隊員の心理まで幅広くカバーする推理コメンテイター、テリー伊藤の説を聞いてみよう。

   「イージス艦というのは、軍艦。昔で言えば戦艦大和のようなもの」と切り出すテリー。いったい何を言いだすのかと思えば、要するに、“恐い”船だから、周りの船は近づかないということらしい。自ら船を操縦するテリーもその一人。

   従って、「彼たち(自衛隊員)の意識のなかでは、ほかの船は避けてくれるってのが前提なんですよね。今回も、漁船のほうが避けてくれるという意識、甘えがあった」

   そして、事故の最大の理由がはやくも明らかになった。「ハワイから帰って来たって、気持ちの油断が一番だと思いますね」。ハワイでの訓練を終え、母港への帰還を目前にした自衛隊員の気の緩みが、テリーの千里眼には手に取るように見えたようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中