2018年 7月 20日 (金)

永遠のアイドル63歳シルヴィ・バルタン みの大はしゃぎの訳

印刷

   シルヴィ・バルタンなんていったって、いまの若い人たちにはピンとこないだろうと思ったら、さにあらず。その歌は時代を超えて伝わっているのだそうだ。ご当人が、スタジオに現れたんだから、おじさんたちはもう、大喜びだ。

毎日リクエスト

   あの「あなたのとりこ」で17歳の鮮烈デビュー(1961年)。映画「アイドルを探せ」(64年)、レナウンのCMで「イエィイエィ」(66年)……一世を風靡したシルヴィ・バルタンも、長らく過去の人になっていたのが、2001年の映画「ウォーターボーイズ」の挿入歌に使われて見事復活。CMにも使われて、「あなたのとりこ」がはいったアルバムは100万枚を売り上げた。

   だから「日本は幸せの国」とかで、今回の来日は、今月(3月)28、29、30日のオーチャード・ホールでのコンサートのため。東京では一人歩きもするんだそうで、来日したきのうも渋谷でショッピング。10歳になる養子の娘ダリナへのおみやげを買っていた。

   バルタンもはや御年63歳。しかしそこはそれ、ただのおばさんにはなっていない。辺りをはらう貫禄充分。それにやっぱりかっこいい。

   みのもんたは、「わたしのディスクジョッキー時代、毎日リクエスト。そしたら、彼女が事故にあったというニュースが入ったり」と昔話のあと、「今回はお一人で?」「夫ときました」と、トニー・スコッティさんを招き入れた。

   東京音楽祭でアメリカの審査員を務めたとき、シルヴィはフランスの審査員だったのだそうだ。つまり日本で知り合ったと。

   「なに審査しちゃったの」とみの。

   「互いに審査し合ったの」(シルヴィ)

   トニーさんはイタリア系アメリカ人。「アーティストとは結婚しないと決めていたが、彼女を見て考えが変わった」

   「ばかばかしい」(みの)

   むろんすべてがPRだが、そんなことはどうでもいい。

   与良正男は「みのさんのディスクジョッキー聞いた世代。あの時代のメロディーラインですよね」

   柴田秀一は、「『アイドルを探せ』のあとの曲ですね」

   で、エンディングでみのがシルヴィにスニーカーをプレゼント。お礼にシルヴィから頬にチュッとされたみのは、もう幸せいっぱいだ。しばらくは夜の話題になるだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中