倖田來未バッシング 「異常だった」と勝谷

印刷

   例の「35歳を過ぎると羊水が腐っちゃう」発言で謹慎していた倖田來未が、先週土曜日から全国ツアーに入った。72日ぶりの活動再開は静岡から。

これまでと違う詩が書ける

   「くうちゃん」「おかえりー」の声援の中、冒頭「ご心配をおかけして申しわけありませんでした。みなさんと一緒に楽しい時間を持ちたいと思います。倖田來未がんばりまーす」と挨拶、6500人を前に22曲を熱唱した。

   最後の曲「walk」を前のトークで、「いろんなこと考えさせられる時間でした。こうしてみなさんの笑顔、泣いている顔を見ると、わたしは歌手になりたかったんだなと改めて感じました」と涙ぐんだ。

   そして「歩き続ける、歌い続けるー、辛い現実がそこに待ってても」と歌い終わって、「また歌えてしあわせです」

   加藤浩次が、「勘違い発言からでしょう」と、まあものはいいようか。スタジオもみんな好意的だ。

   勝谷誠彦は、「直後に対応すればよかったんだ。悪気があったわけじゃないんだから。バッシングの方が異常だった」

   テリー伊藤は、「反省していたこの時間に成長したと思う。これまでと違う詩が書ける」

   勝谷が「この人、興味なかったんだけど、一連の騒動を見ていてええヤツなんやなと思った」

   会場のそとで、カメラが若い男性に聞いていた。

   「チケットとれなかったんだけど、近くなので、音だけでもと来てみた。外で聞こえるだけでも大満足」。これが作業衣を着たお兄さんだった。

   そう、たしかに彼女には人を惹きつける何かがあるようだ。ただの25歳ではない何かが。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中