セレブ旅客機「赤坂で試乗」にキャビアは出るか

印刷

   「8時またぎ」の代わり映えのしないラインナップのなかで目を引いたのは、「シンガポール航空」の見出し。

   番組によれば、同社の最新鋭世界最大セレブ旅客機A380が5月、日本(シンガポール間)に初就航するというのである。豪華客船や豪華ホテルのオープンなどがたびたび取り上げられる番組だが、海外の(まだ乗れない)一飛行機としては異例の扱いでかなりの特集感があった。

   VTRを見ると、長距離列車のコンパートメントを狭めたような「スイート・クラス」が設けられ、キャビアにドンペリ、豪華駅弁のような食事が出るなど、たしかに豪華。が、これだけの扱いを受けたのは、赤坂「TBS」サカスにこの機のモデルルームがあることと無関係ではないのだろう。

   「どこよりも早く赤坂サカスで搭乗」(みのもんた)できるというわけだ。さらに、特集の合間にシンガポール航空のCMが流れるに至っては、スイートクラスでキャビアを食べている最中にお会計をもってこられたような違和感がないでもなかった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中