「せんとくん」に「世界の仏教徒は怒ってる」

印刷

   結局「せんとくん」に決まった平城遷都1300年記念のマスコット・キャラクターの宣伝効果がはじき出された。といっても、テレビで放映された時間にコマーシャル単価をかけあわせただけなのだが、なんと15億円になるのだと。

そろそろ、動いて欲しい

   「かわいくない」「気持ち悪い」などと、賛否がわかれたために大いに話題となって、NHKと民放キー局の28番組で計1時間52分2秒に及び、広告料に換算すると14億6959万167円、さらに全国紙の記事段数などを加えると、約15億円になるという。

   とくに「スッキリ」では、3月31日にテリー伊藤が勝手に「ぬる坊」と命名するなどして、大いに盛り上げた。その結果計8回で、37分58秒で、これが5億円に相当するという。

   加藤浩次が、テリーに「問題意識はよかったが、途中からおかしな方向へいったような」(笑)

   テリーは「そんなことないですよ。奈良県が使ったのが1000万円でしょう。それが15億円になって、はっきりいって『平城遷都1300年』なんてだれも知らなかったのが日本中が知ったわけだから、経済効果は大きいですよね」

   加藤は「これからどうなるんですか?」

   山岡三子は「今後もやり続けて……」というのに、加藤が首を傾げる。

   テリーは「まりもっこりみたいにそろそろ着ぐるみを作って、動いて欲しい」

   加藤「勝谷さんは納得いかないようですね」

   勝谷誠彦は、「もちろんです。世界の仏教徒は怒ってると思いますね。とりあえず、請求書を実行委員会宛にだしますから」(笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中