「日本が笑いものになる」 五輪公式ウエアへ異論

印刷

   これも2日続きのネタ。野茂英雄(39)が楽天に戻ってくると、サンスポがスクープとして報じたのを、きょうのデーリー・スポーツが否定した。

最低ですね

   それによると、野茂側から連絡があったが、楽天は野村監督とも協議して、これを拒否したというのだ。米田純球団代表も「獲得はない」。また野村監督は、「(メジャー中継で)1回見たが、しんどい。力的に無理でしょう」といったと。

   加藤浩次は、「野村さんがとれないといったと」と納得顔。

   だが、きのう「ホントです」と断定したテリー伊藤は、「いや、わかんないね。代理人のダン・野村は監督の義理の息子さん。話題を作っておいて、じゃあ一度見てみようかとなって、OKになる可能性もあるんじゃないか」と、なお言い張る。

   野村監督は、野茂が出ていったときのことを、「ルールを破ったものを道義的にもとれない」とコメントしたというから、戦力よりもこの方がきついかもしれない。

   返す刀でという訳ではないが、テリーはきのう発表された五輪選手団の公式ウエアにかみついた。渡航用、式典用、入場行進用の3つだが、とくに注目をあびる入場行進用は、「武士の勝ち色」として濃紺のブレザーに白のパンツ。

   テリーは「最低ですね」

   加藤が「最低? どの辺がですか?」

   「個人的にネクタイしてないのはだめ。クールビズなんていうが、ださい。ネクタイをして涼しく見せるもの」「これ多分、笑われますよ」とぼろくそだ。女子が白い長目の短パンだが、「これもスカートの方がずっといい」

   加藤もつられたのか、「20年くらい前の感じしちゃいますね」といってから、あわてて「いや、ボクは別に……」

   宮崎哲弥までが「中途半端なような」と。

   気を取り直して加藤が、「スタジアムに入ると映えるんじゃないですか」

   「映えないですね。ホントにだめですよ」

   これ、ちょっと後を引くかもしれないなという予感が……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中