ウルトラマン検定の難易度 バルタン星人級?

印刷

   <テレビウォッチ>誕生40年になる「ウルトラマン」。検定ブームにのって、日曜日(7月27日)に検定試験が行われ、全国から1900人が名乗りをあげた。笠井信輔が、「わたしも行ってきました」

親子で会話できるというのは…

   東京・杉並区の小学2年生が、父親(36)と一緒に「受験勉強」する様子をカメラが追う。父は2級を、息子は3級を受験する。家の中は、ウルトラマンのフィギュアでいっぱいだ。「勉強が好きじゃないんで、これなら」というのが、父親のねらいというのだが。

   さて、どの程度のレベルかというと、ウルトラマンダイナとして映画に出演しているつるの剛士に、検定HPに出ている問題を出したところ、見事はずれ。「これはウルトラマンダイナじゃなくて台無しですね」

   東京・葛飾区の検定会場には、6歳から76歳までが続々。あの杉並区の親子も、また「自他ともに認めるウルトラ好き」という笠井も受験した。80問を70分勝負。

   笠井によると、出題内容は3級でも相当にマニアックで、着ぐるみ、監督や脚本家に関するものまであって、リアルタイムに観ていた世代にも難問ばかり。終わって試験場を出てきた小学2年くんは、悔し涙をぽろり。

   笠井は、「親子で会話ができるというのは、なかなかない文化であるな」という。で、問題例をスタジオで聞いた。

   Q:ウルトラの母は地球にいるとき何の姿になっていますか?

   (1)小学校の教諭 (2)緑のおばさん (3)幼稚園の先生 (4)ピアノの教師

   Q:ハヤタ隊員が変身する時に使うアイテムは?

   (1)ベーターカプセル (2)ウルトラアイ (3)スパイダーショット (4)ウルトラブレスレット

   正解は、(2)と(1)

   小倉智昭は、「ウルトラマンを一度も見たことがないので、拒否」と前世代宣言。

   竹田圭吾は、みんなが「札の出し方が早い」と驚くほど。これはウルトラマン世代だ。

   笠井は、「時代ですね。緑のおばさんといっても、うちの子らはわからなかった」

   小倉は「よく覚えてるね」

   佐々木恭子は、「子どものころのことは覚えてるもんですよ」

   竹田も、「緑のおばさんと、すぐ思い出した」(笑い)

   で、肝心の笠井の受験結果(正解)は、3級が58、2級が35(ともに80問中)で、3級の方は、ことによると通るかどうか、という結果だった。

   小倉以上に前々世代としては、コメントもできず。なにしろ、ラジオなんだから……

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中