「羞恥心」 「おバカ」じゃない!単なるバカだ

印刷

   <テレビウォッチ>月曜日のコメンテーターに勝谷誠彦(コラムニスト)が加わることで、「スッキリ!!」は緊張感をはらんだものになる。今朝(8月4日)は彼の"ヒール"ぶりが存分に発揮された。

二大人気になりそう

   まず、兵庫県川西市で行われたブランドリセール市における、値切りまくる関西のおばちゃんと防戦する業者との激しいバトルを流した映像を眺めると、「下品な風景だね」とバッサリ。他のスタジオ陣は声もない。

   また、人気のおバカトリオ「羞恥心」の活躍を伝えるVTRを見て、テリー伊藤が、「今年の紅白は彼らとジェロが二大人気になりそう」とかコメントすると、「なんでも"お"をつければ良いというもんじゃないよ。バカでしょう」とにべもない。

   彼の存在感が際立ったのは、つんく♂の新刊ビジネス本を紹介するコーナー。そこに書かれた、つんく♂の会社のトイレに張られているという「人生の一歩は妄想から始まる」など10項目ほどの「トイレの格言」をレポーターが紹介すると、「当たり前だね」と言った。そして「『なにくそ!』と思う性根を持て」を「せいこん」と読み違えたのを見逃さず、「しょうね、と読むのね」と鋭く指摘。レポーターの「失礼しました」を引きだしていた。

   勝谷が抜けた番組は気の抜けたラムネみたいになってしまうだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中