2018年 7月 19日 (木)

上野投手「憧れの男性」はロナウジーニョ!

印刷

   <テレビウォッチ>北京オリンピックに出場した選手らが徐々に帰国している。そんな中、優勝報告に忙しいのが、女子ソフトボールチームだ。とりわけ、決勝トーナメント3試合を一人で投げぬいた剛腕、上野由岐子投手の人気はすごい。

加藤: ぜひナントカなんないですかね!

   2008年8月25日には、上野投手が所属するルネサス高崎や高崎市役所、群馬県庁を訪問した。どこへ行っても声援が飛び交い、携帯電話のカメラでシャッターを切る人が絶えなかった。

   そんな中、上野投手は「スッキリ!!」のインタビューに応じた。インタビュアーと話すうちに「タイプの男性は?」という話に……

   昨日の番組内でも、MCの加藤浩次が上野投手に恋愛のことを質問している。そのとき、上野投手は「選手村でイケメンを探していた」とあっさり認め、「国際結婚が目標なんです」とお茶目な一面を披露していた。今回のインタビューはその"続編"というわけだ。

   「選手村に意中の選手はいましたか?」。インタビュアーが聞くと、上野投手は「オーラを持った一流アスリートが多く、恋愛感情というよりは尊敬のまなざしで接していた」。なかでもすごいなと思ったのは、サッカーのロナウジーニョ選手。理由はこうだ。

   「苦しいときも笑顔でプレーできる、そういう余裕のある男性にめぐり合えたらいいな、と思っています」

   ちなみに、「(ロナウジーニョの)顔もけっこう好きっすよ、自分」と付け加えている。

   これにはテリーも「スケールが違います。へんなイケメンが好きというよりよっぽどいい」と大絶賛。また、特別ゲストの関根勤は「東洋の女性の素晴らしさを教えてあげたいね」。加藤浩次は、「ぜひナントカなんないんですかね、ロナウジーニョ!」と興奮気味に叫んだ。

文   島航平 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中