2019年 1月 16日 (水)

「命の危険」も取りざた 相撲「八百長告白」に注目

印刷

   週刊誌を読むのはそば屋がいい。現代、ポスト、朝日、文春、新潮を抱えて、早稲田大学近くの「金城庵」へ入る。

   板わさと塩味キャベツを肴に、パラパラページをめくりながら菊正宗正一合のぬる燗を呑む。

「大阪放火の容疑者」勤め先明記したのは…

   麻生政権ができた直後、朝日新聞などが「10月26日総選挙」とぶちあげたのは、解散風を煽りたいマスコミの「偏狂報道」だと上杉隆が怒っている(朝日)。何でこれが「誤報」だと批判されないのか。

   朝日とポストが総選挙予測をやっている。朝日は、自民党が実施した「極秘」選挙情勢調査から、自民党が180前後、公明党分を入れても過半数に届かない210程度。ポストは、民主党が実施した「門外不出」の世論調査データによるとして、「比例代表を合わせても見込めるのは160~180議席にとどまる」のだそうだ。自民党は引きずり降ろしたいけど、ワンマン・駄々っ子の小沢は恐そうだし。それが問題なんだよなと、ぶつぶつ呟きながら、焼き鳥を追加する。

   各誌、大阪ミナミの個室ビデオ店を放火して15人を「殺した」小川和弘容疑者を取り上げているが、彼が元勤めていた「超有名企業」名を松下電器(現パナソニック)と書いているのが、新潮と朝日。現代、ポスト、文春にはない。現代は、「46才リストラ男『超有名企業』の過去と狂気」とタイトルにまで謳ってあるのに。広告代理店から圧力がかかったのかと、ゆるゆる酔いながら茶々を入れる。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)ほか

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中