桜塚やっくん 小学生ギタリスト並木瑠璃は「礼儀正しい子」

印刷

   お笑い芸人の桜塚やっくんが208年10月20日のブログで、TBS系「さんまのスーパーからくりTV」で、小学生ギタリストの並木瑠璃(11)にギターのテクニックを教わったと報告している。

   熱中する少年少女にスポットをあてた番組の人気コーナー「からくり熱中少年物語」に登場し、一躍人気となった並木瑠璃。08年10月1日にはついにメジャーデビュー。フィンガー5の名曲『学園天国』をカバーして、見事なギターテクニックも披露している。

   やっくんはこの日、音の出し方や音の高さを変えるテクニック「チョーキング」といった基本事項を彼女に教わったという。「アコギばかりで、あまりエレキは持たないんだけど、今日はエレキの素晴らしさをいろいろ学べました」と満足げの様子だ。

   しかも、並木の言葉使いがハキハキとしていて、礼儀正しかったことにも感心している。また、並木のふだんの生活をこんな風に紹介している。

「瑠璃ちゃんは学校から帰ってきて、宿題とギター練習のノルマを終えるまではご飯が食べられないというなかなかのスパルタ教育」

   3歳からギターを始めて、キャリアにしてすでに8年目の"ベテラン"ギタリストはそれでも、ギターが大好きなんだとか。そんな純粋な女の子にギターを教えてもらえて、

「新たに頑張る事の素晴らしさを学べた1日でした」

と振り返っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中