眞鍋かをりに「まさか子供が!??」 うろたえるスタッフ

印刷

   タレントの眞鍋かをりは、愛犬「うめ」の下痢がひどくなり、今週は「託児所」に預けている。「寂しすぎる」ので面会に行ってきた、と2008年12月3日のブログで報告している。

   うめは「元気そう、っていうか元気すぎてコントロールきかないくらい」だった。「託児所」にはトレーナーや獣医、トリマーがいて、しつけ、ワクチン、体調管理、シャンプーなどトータルでケアしてくれる。24時間の送り迎えもある。

   うめを飼い始めた頃は、「本当につらかった」と振り返る。子犬を育てるのが全くの素人でうろたえてばかり。家に犬を残して仕事に行くのが心配で心配で、「常に動悸がおさまらないほどだった」。そんな時に出会い、今では欠かせない場所になっている。

   仕事現場で、「託児所」に電話することもある。

「あっ、もしもし眞鍋です~。うちの子、様子どうですか?
今日は9時くらいにお迎えに行きます~」

   すると、スタッフは「眞鍋……まさか子供が!??」と勘違いし、こっそりマネージャーに確認しにきたりする。

「腹を痛めてないとはいえ我が子ですから
愛情そそいで幸せにしてあげたいと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中