大谷允保、事務所退社 「私が前向きに考えた結果です」

印刷

    タレントの大谷允保(おおたに・みつほ)が2009年1月1日のブログで、所属事務所を離れることを発表した。大谷は新年の挨拶(あいさつ)を終えると、次のように報告した。

「大谷みつほと大谷允保で、11年間お世話になったサンミュージックを2008年をもって去りました」
「振り返れば色んなことがあります。
高校の三者面談とか、親これないから工藤さんだしねー(笑)」

    ブログによれば、退社ギリギリまで仕事をしていたという大谷。あまり実感がないというものの、15歳からはじめた芸能活動は11年が過ぎた。マネージャーの工藤氏とのコンビも11年になるそうだ。

    「サンミュージックの大谷允保はオシマイです」という微妙な表現もあるが、事務所退社は「私が前向きに考えた結果です」という。そして、第一幕を閉じるんです、とも。

    ただ、応援してきた多くのファンへの感謝の言葉は、

「本当に。本当に。どうも有り難う。私はみなさんがいたから生きてこれました」

    とやや大げさで、最後は、

「これで一生みなさんと、サヨナラかと言われたら。
そうではない事を覚えておいて下さい」

    と締めくくっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中