マイケル・ジャクソンに「この野郎!」 某キャスターがブチ切れた訳

印刷

   <テレビウォッチ>お金に困って、ステージ衣装や私物コレクションをオークションに出品していたマイケル・ジャクソン。今日(4月15日)の番組でも、落札額はいったいいくら?、誰もが知る日本の大女優も参戦予定、などと取り上げていた。ところが、来週に予定されていたオークションが急遽中止になったという。「なんだったんだ!?」と小倉智昭キャスターも目を丸くする。

何時間も考えていた奴や…

   じつは番組は、いち早くオークションの主催者社長を緊急直撃していた。と、社長は意外にも「お互いに大満足しています」と笑顔、笑顔だったそうな。主催者側の説明では、これまでの経費ですでに2億円、それに10億~20億と見積もるオークション売上の35%が入る算段だった。それに近い(あるいは超える?)額が、マイケル側から払われたということらしい。

   7月にロンドンでコンサート50公演を行う予定のマイケル。チケットは飛ぶように売れてすでにソールドアウトしており、そのおかげでマイケルの手元が如意になったのではないか――スタジオではそう推論されていた。

   だが、怒りがおさまらないのは、オークション参戦に色気を見せていたオグラだ。「500ドルも払ってカタログを買って、オレみたいに何にしようか何時間も考えていた奴は……(気の毒すぎる)。マイケル出てこい、この野郎!」と吠えていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中