鳥越「草なぎ逮捕は判断の間違い」 会見後あらためて見解

印刷

   <テレビウォッチ> SMAPの草なぎ剛の会見(4月24日)は、この手のものとしては出色だった。300人もの記者を前に、「質問者の目を見てきちっと答えていた」(みといせいこ)し、「ストレスは?」との問いにも「ありませんときっぱり。男らしかった」(松尾貴史)

どういうことなのか

   にしても、深夜の公園で酔って裸で騒いだというだけで「公然わいせつ」で逮捕、家宅捜索まで受けた。赤江珠緒があらためて「どういうことなのか」と問うた。

   元警視庁刑事の江藤史朗は、「深夜とはいえ全裸だから、逮捕という行為そのものは妥当だ」

   対して弁護士の田中喜代重は、「違法ではないが妥当かどうか。公然わいせつとは、一般に嫌悪の情を催させること。白昼でもなく、ぐでんぐでんだった」

   鳥越俊太郎も、「午前3時でだれもいない、被害者もいない。それで逮捕というのは判断の間違い。おそらく薬物使用を疑って、身柄をとるために逮捕。捜索令状もとった。結果的に何もなかったのだが、草なぎ君は仕事に大変な影響が出てしまった」

   田中は「尾崎豊のときも、全裸で薬物でしたからね」

   江藤は「赤坂署は酒の扱いも芸能人の扱いも慣れている。同じようなことはたくさんある」

   吉永みち子は「行きすぎではないかと聞いたら、パンツさえはいていればというんですよ」(笑い)

   「家宅捜索したのはどうなんでしょう?」と赤江が聞く。

   江藤は、「薬物ならば、尿に出てなければ家宅捜索の必要はない」

   松尾は、「逮捕で行き過ぎちゃったなと思った警察が、整合性のために踏み込んだのではないか」

   田中は「保護シートを使ったというのは、かなり暴れたということ。そこで令状とっちゃった。尿検査で薬物は出なかったけど、令状が出ちゃったから……と」

   吉永は「移送の姿を見せてしまったことも、薬物かと騒ぎを大きくした」

   鳥越は、「処分保留というのが都合よく使われている。警察の面目に配慮して」

   「処分保留は不起訴ですよ」(田中)

   江藤が、「これだけ著名な人だから、考慮したのだと思う」

   わかったのは、草なぎがお酒大好きで、その飲み方もメンバーが心配するほどだったこと。当夜も「楽しかったので」と素直にいっていた。

   会見のあとも、草なぎの印象は少しも変わらないのが、ちょっと救いだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中