テレビ局と企業の「提携企画」 最近多い気がするが…

印刷

   <テレビウォッチ> 東京・原宿はいま『ファストファッション・ブランド』の激戦区になっているのだという。海附雅美リポーターが、きのうオープンしたLA発の格安ブランド「FOREVER21」の混雑ぶりを伝え、合わせて原宿ファッション事情を報告する。

テリー:中華街みたいなもの

   FOREVER 21は 『100ドルで全身コーディネート』が売りで世界に459店舗を展開中。原宿店にはきのう1日で7000人が押し掛けたそうだ。安さのヒミツは広告宣伝に費用をかけないこと、人気ライバル店のすぐ傍に店舗を構えることだという。で、原宿店は「H&M」の隣。さらに海附によると、半径150メートル以内に「ZARA」「GAP」「UNIQLO」「collect point」がひしめいている。

   加藤浩次が「激戦区になるほど人が集まる相乗効果」を指摘すると、テリー伊藤は「中華街みたいなもの。いろんな中華料理店が並んでいて楽しい」とし、「七福神みたいにGW中、みんな回るんじゃないか」と言う。

   原宿にファストファッション・ブランドが集中することについてファッション誌編集長は「渋谷のギャルファッションに、原宿系の甘さだったり、可愛らしさだったりをミックスしたものが、今なんとなく来ている感じ。東京のトレンドがそういう(原宿のような)趣向なのかなと思う」と見る。

   最後に海附がFOREVER 21からの提供だとして、ワンピース3着の視聴者プレゼントを案内していた。最近、この手の『提携企画』が多い気がする。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中