2018年 8月 18日 (土)

家賃催促の大家をズブリ 鳥越「悪人と決めつけられない」

印刷

   <テレビウォッチ>アパートの家賃を滞納する人物に大家が催促するのは当たり前だし、大抵は借りている家賃を払う。だが、約1万7000円の家賃、光熱費を含めて3万円強を5年分、約200万円滞らせていたタクシー運転手の男(47)は大家(70)を刃物で刺した。大阪で起きた事件である。殺人未遂で逮捕された男は「毎日の催促で腹が立った。殺すつもりで刺した」と供述しているという。

同情するわけでは…

   井口成人リポーターの取材では、大家はそんなに厳しく催促したわけではないらしい。だからこそ、5年分もたまったのだろう。赤江珠緒は「逆恨みもいいところ」と言った。

   井口によれば、男は「一言でいえば怠け者」で、人との約束を守らない、人と話をしない内向性タイプ。タクシー会社には月に5~6日しか出勤しない。それでも月10万円弱は得ていた。「(家賃を)払えるんですが、払わないんです」(井口)。なぜ払わないかは不明で、警察はそのあたりを調べているようだ。

   若一光司は「何か人格的欠陥があるような気がする。大家さんは、弁護士を介するとかして間接的に対応した方がよかった」と述べる。

   弁護士の大澤孝征は「大家さんの温情がアダになった」とし、裁判所の判決を得て、執行官立会いのもと強制的に追いだすとか、法の威力を示す方法を説明した。

   鳥越俊太郎は「同情するわけではないけど」と前置きして、「こういう社会常識どおりに生きて行けない人が、もっと貧しい時代にはいなかった。必死に食っていかなければならなかったから。何となく生きていける今は、浮遊している人が増えている。その典型的な例かなと思う。悪人と決めつけられない」と語る。

   聞いていた若一が「悪人に思えない人物が、突然、殺人未遂となるようなことをしてしまう、豹変するのが予測不能で一番、怖い」とクギを刺した。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中