ショーンがM・ジャクソン追悼 「貴方の作品と出会えて幸せでした」

印刷

   <テレビウォッチ>MCでエンタメプロデューサーのショーン(SEAN)が、世界的ミュージシャンであるマイケル・ジャクソンが死去したのを受け、2009年6月26日のブログを更新している。

   初めて買ったレコード、初めて行ったコンサートがマイケルのものだったというショーン。「貴方の素晴らしい作品と出会えて幸せでした」と、マイケルの「素晴らしい作品」から「多くのこと」を学んだそう。その存在の偉大さを、

「マイケル・ジャクソンさんのようなスケールで、エンタメを通じ世界中に愛や笑顔を広げることは、他の誰にも出来ません」
「彼の存在自体が世界を明るく照らしていたと思います」

と表現、「心よりご冥福をお祈り申し上げます」と結んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中