叶姉妹「マイケルに人形をあげた。その笑顔は永遠に生き続ける」

印刷

   2009年6月26日(日本時間)に急死したマイケル・ジャクソン(50)。彼との思い出を、タレント「叶姉妹」の叶恭子と美香がブログで綴っている。

   15年ほど前にマイケルに「特別なお人形」をプレゼントしたことがある。どんな人形かは触れていないが、すごく喜んでくれて、今も笑顔が忘れられないそうだ。

   パリのホテル「プラザアテネ」で会った時も、人形の話をしてくれた。いつも「シャイでチャーミングでパワフル」な笑顔を見せてくれたと振り返り、

「その笑顔は、これからも永遠に、私達の中で、生き続ける事でしょう
心より 御冥福をお祈り申し上げます」

と結んでいる。

   3人で撮った写真が6月26日のブログで披露されている。そこではマイケルは、やさしい笑みを浮かべていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中