マイケル・ジャクソンの死因 「詮索は不要」説とファン心理

印刷

   <テレビウォッチ>「死因はクモ(ケムのことだと思われる)にまかれてしまうんでしょうかねえ」。番組司会の加藤浩次は呟くように自問したあとで、「ファンから見て、解明してほしいという思いはある?」と三船美佳に聞いた。

業績とかは違う話に

   三船は小さいころからマイケル・ジャクソンのファンで、マイケルがあれやこれやとスキャンダルを取りざたされても、「彼の歌声があまりにやさしすぎるので、その歌声を信じたかった」と言って、涙ぐむほどである。

   「(死因を知りたい思いは)すごくありますね」と三船。「ストレスとかじゃないといいな、と思います」

   だが、メインコメンテイターのテリー伊藤は三船の言い分を聞き終えるや、「逆にさ――」と言い出した。「死因なんか必要ないんじゃないか。マイケルの業績とかとは違う話になってしまう」

   往々にしてエンターテインメントに事実は必要ない。むしろ邪魔である。ときとしてファンは事実を知らないほうが幸せである。そこらへんにテリーの考えるエンタメの真実があるのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中