26時間テレビ終えた フジ新人女子アナの感想

印刷

   <テレビウォッチ>フジテレビの26時間テレビ最終盤で、今2009年も恒例の新人アナらによる提供社読み上げがあった。翌7月27日、新人女子アナの2人がブログで「初の大仕事」を振り返った。

   山中章子アナ(23)は、同期の新入社員らの声援を受けて壇上に上がったことを報告。無事に読み上げることができ、「ほっとして、なんとも言えない気持ちになりましたぁ」。

   松村未央アナ(23)は、「緊張しすぎて…自分の読んでいる時間のことはあまり覚えていません…!」。それでも無事成功したので「これを乗り越えたので、この先どんなことがあろうと大丈夫な気がします!」と大きな自信になったようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中