これがMジャクソンの死因? 「おおいにあると思います」

印刷

   <テレビウォッチ>『キング・オブ・ポップ』こと故マイケル・ジャクソンの死因をめぐる捜査に進展アリ。マイケル専属医師の診療所や自宅が家宅捜索を受けたという。

これが死因に?

   マイケルは強力な麻酔薬「プロポフォール」を睡眠薬代わりに常用し、死の前夜にも使っていたという。VTRの専門家によれば、これは病院でも手術室にしか置いてないもので、睡眠薬として使うことは考えられないそうな。スタジオのおおたわ史絵(内科医)も「静脈注射の点滴で入れて、10秒から20秒で急激に意識がなくなる」などと、その危険性を強調した。「これが死因につながった可能性もありますか」と司会の加藤浩次にきかれると、「おおいにあると思います」と顔をしかめる。

   一方は、東大教授のロバート・キャンベルは「エルビス・プレスリーやマリリン・モンローも、かかりつけの医師から処方された薬を飲んで亡くなっている。スター特有のひとつの病理ではないか」とコメント。

   豪邸や豪華な車に飽きたらず、ドーナツ(ピーナツサンド)やクスリに医者まで、スターには買えるものが多すぎるのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中