Mジャクソン「遺品価値」落ちた? レポーターの「ひんしゅく」行為

印刷

   <テレビウォッチ>阿部祐二がハリウッドで嬉しそうに「エミー賞の取材に来ましたぁ」という。授賞式は確か9月20日。しかし、話はマイケル・ジャクソンばかりだ。

まずい

   「オークションの私物を極秘で、スッキリに」というので、どういうことかと思ったら、オークションを主催する「ジュリアンズ・オークション」に押しかけて、モノを見せてもらっていた。

   阿部は、会社の社長にじかに英語でインタビュー。「4月のオークションが中止になったのはなぜ?」「マイケルの気が変わったんだ」「なぜ変わった?」

   「マイケル・ジャクソンだから」(笑い)といった調子。なかなかの英語だ。

   今回の出展品は、前のは別で、親族や友人から提供されたもので、マイケルの遺志をついで売り上げは全額寄付するのだそうだ。11月21日にNYのタイムズスクエア・ハードロックカフェで行われる。

   さて、肝心のモノだ。まずは、1983年のモータウン25周年のライブで使った手袋。初めてムーンウォークをやったときだ。クリスタルで覆われたデザインで、汗や化 粧の跡がある。落札推定5000万円。

   手にした阿部、「シミがついているな」「マイケルのDNAだよ」。臭いをかいで「すえた臭いがする」

   次が、87年の「バッド」のツアーで着た黒ジャケット。サイン入りで、推定4万ドル。社長が「着てみるか」というので、阿部が着込んじゃった。

   さらに、マイケルが描いたというミッキーマウスのイラスト(サイン入り)、約200万円、また子どものころ描いたというチャップリンのイラスト。約 500万円。

   そして最後、95年のMTVミュージックアワードでかぶったシルクハット。化粧の跡がのこっていて、かいだ阿部は「いい匂い」。これには、マイケルの前妻リサ・マリー・プレスリーの証明書がついている。予想は100万円。

   これも阿部はかぶっちゃった。スタジオは大騒ぎだ。

   三船美佳が、「あれ、着ちゃっていいんですかぁ?」

   「ざっくばらんすぎましたね」と阿部。

   テリー伊藤も、「帽子かぶっちゃまずいんじゃないの?」

   加藤浩次が、「素手で触っちゃってるし」

   テリー「普通は白い手袋しますよ」

   これらのカタログは10月に発売になり、オークション直前の11月8日―13日、東京で展示会をやるのだそうだ。

   三船はなおも、「マイケルじゃなくて阿部さんの……」

   加藤も「阿部スメルになってる」(笑い)

   阿部も頭に手をやって、「12時間くらい飛行機に乗っていたので、かなり臭いが……」(ギャー)

   どうなることやら。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中