古閑美保、ブログで謝罪 「アンチ巨人」発言巡り

印刷

   女子プロゴルファーの古閑美保選手がブログで、スポーツ紙に記載されたコメントの件で「お詫び」している。

「先日の日刊スポーツの記事で、私が発言した内容により、今回始球式に携わって下さった読売巨人軍、読売新聞社、その他関係者の皆様、及び巨人ファンの皆様に不快な思いをさせてしまったことを心より深くお詫び申し上げます」

   2009年9月25日の日刊スポーツ記事で、古閑選手は「アンチ巨人」だと打ち明けた上で、22日にあった巨人-中日戦の始球式に登板したことについて、「仕事なんで」と言い放っていた。そして記事では今後、巨人戦以外で始球式をしたい旨をさえ語っていたのだ。この発言に対して古閑選手は、9月27日のブログで、ファンの期待を裏切るような結果を招いたことについて、深く反省していると書いた。

「プロのアスリートとしてこのような発言はあってはならないことで、一人の人間としてまだまだ未熟だったと痛感しております。今回の件は、謝罪することで終わりになることではありませんが、初心に帰って今一度皆様への感謝の気持ちを深く考え行動してまいります」

<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中