2018年 7月 17日 (火)

藤原紀香の演技力 それはともかくいいテンポ

印刷

   <テレビウォッチ>日本テレビの新ドラマ「ギネ 産婦人科の女たち」。脚本は大石静、チーフプロデューサーは櫨山裕子、演出の1人は岩本仁志。この人は、ドラマをやりたい、とフジを辞めて日テレへ行ったという人だ。熱血トリオといっていい。

   主演は藤原紀香。きつい感じの女医を演じる。出演はほかに、松下由樹、内田有紀、板谷由夏、上地雄輔らだ。医者不足などからくる現場の過酷な現状をえぐり出した作品だ。

   主演が藤原紀香ときくと一抹の不安を覚える。これまでドラマで当たった試しがない。格闘技番組ゲストやキャスター、CMなど派手なイメージがあるが、女優として見つめたときに、演技力不足が目につく。米倉涼子のように悪女ができる訳でもなく、いつまでもかわいいかわいいで通じるはずもない。

   しかし、このドラマは演出がスピーディーで、紀香も緊張感がある演技を披露していた。まあ、展開のテンポの良さに助けられているとも言えるが、闘う女性の雰囲気がよく出ていた。今の流れを受けてオペの場面もしっかり描写している。専門用語を早口でまくしたてられるのは困るけど。とても大変そうで、普通じゃできないなと思った。

   楽しいドラマという訳ではないが、社会問題を織り込んでいるのは立派だし、とても流れが良い作品になっている。制作陣の情熱が伝わってくるドラマだ。

      変人で なければできぬ ギネのオペ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中