2020年 11月 29日 (日)

30歳過ぎ人妻に需要ある? 大橋アナの悩みに占いの答は…

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

<イツザイS>今回紹介するのはオーディション番組の「イツザイ」を昨2009年秋リニューアルして始まった、よゐこ濱口優とTKOの「イツザイS(セカンド)」。

よゐこ濱口の弟登場

   この番組には、今10年1月からなんと濱口の実弟が出演。タロット占い師をしているというのだが、兄の濱口優に比べると甘い顔立ちでイケメンなのだ。そんな彼(通称・よっちゃん)が毎回迷える芸能人を占うのだが、今回のゲストはテレビ東京の大橋未歩アナウンサー。登場していきなり「30過ぎた人妻なんてアナウンサーとして需要があるのかな」と発言。正に迷える子羊である。

   最初の悩みは、深夜の過激なバラエティばかりの仕事が多くて、堅い番組に戻れるのか、というもの。確かに「アリケン」とかセクハラがひどいし、最近始まった「極嬢ヂカラ」も結構過激である。

   しかし、タロット的には、今のその傾向は善と出ていて、次の仕事にもつながるものの、堅い番組は当面は来ないという。「アリケン出続けるんですか!?」と思わず発した大橋アナだったが、今の番組を辞めると負けたような思いをするのではと、思っていることを指摘されて納得。それを聞いて、TKO木下は「ホリケン君、セクハラし放題ですよ」とひと言。

   続いて、夫婦生活のことについて。結婚する前に占ってもらった時は、止めた方がいいと言われたという大橋アナ。が、夫との相性は中の上くらいで、別れることはないという。尚、子供は2~3年後につくるといいとのこと。こちらも大橋アナもそれくらいがいいのでは、とちょっと思っていて喜んでいた。

   それにしても、よっちゃん、濱口の弟なのだが、落ち着いたしゃべり口調で相手をノせるのも上手いしもう普通の出来る占い師といった感じ。イケメンだし、それこそ大橋アナのような30代以上の女性とかが信頼できちゃう感じだ。今後の活躍が期待できそうだ。

鯖野かサバり

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中