2018年 7月 18日 (水)

鳩山弟の自民離党 「さんざんな評判」の理由

印刷

<テレビウォッチ>鳩山邦夫・元総務相が自民党を電撃離党し、新党結成に動くことがわかった。与謝野馨・元財務相、舛添要一・前厚生労働相らとの連携を目指しているというが、番組コメンテイターのテリー伊藤は、そこを最初からアピールするような言動を他力本願的と捉えた。

「見切り発車」

   「ああいう立ち話(の会見)で、舛添さんや与謝野さんの名前を出しちゃいけないですよ。人に頼ってる感じがする」「(国民に向けて)しっかり喋ってない。気が弱い感じがしましたね」と厳しい評価。

頼ってる

   解説に出てきた日テレ政治部の青山和弘記者も「ひと言で言えば見切り発車。どういった政党が出来るのか、まったくわからない」と、苦笑、冷笑気味に話す。

   とりあえず、国からカネがもらえる政党の条件は、国会議員が5人以上いること。そのめどは付いてると、御本人は主張してるようだが――。「邦夫氏の元秘書など、近い存在と言われる人を取材してみると、『まったく聞いてない』『わたしは止めた』という人が多くて……」(青山)。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中