小宮悦子の「サンフロ」 田原「サンプロ」超えるか。

印刷

<サンデー・フロントライン>田原総一朗の「サンデー・プロジェクト」(テレビ朝日系)の後釜で、小宮悦子ショーといった風情だ。セットも明るくなり若返った印象だ。

   コメンテーターには、姜尚中、藤原帰一両教授に朝日新聞の星浩らが出ていた。討論コーナーでは、民主党の若手3大臣、前原、長妻、枝野が登場した。取材特集のような欄では、電気自動車を扱った。小宮―ゴーン対談もあった。小宮はなかなかツッコンで攻め込んでいた。ところが、その映像を受けたスタジオではつっこみがない。

   どうも番組の性格がはっきりしない。硬派でいくのか軟派路線なのか。今のような当たり障りのないどっちつかずの方針ではファンがつかない。小宮のさわやかさが、生かされるのではなくて逆に個性のなさにつながり兼ねない。

   どうもニオイが薄い。もっと番組としての自己主張や気迫が欲しい。前任の田原総一朗の粘っこい番組の後なので、どういう番組にするのか難しい部分はあるだろうが、中途半端はよくない。今後の頑張りに期待したい。

      とりモチの 司会のあとは ラムネ味
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中