2020年 12月 2日 (水)

間寛平 前立腺ガン治療で患部に純金の粒埋め込み

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

前立腺ガン治療のためアースマラソンを中断した間寛平(60)が、きのう(21日)、サンフランシスコで主治医とともに会見した。寛平は「ご心配かけて申しわけありません。すでに治療のための印をつけてもらいました」と切り出した。

毎日5キロ

   主治医のカリフォルニア大サンフランシスコ校の篠原克人教授は、寛平のガンの程度を「1から5までの悪性度のうち4にあたる。悪性度の高いガンで、治療をする時期だ」と語った。記者会見でもこんなやりとりが交わされた。

すごい!

   寛平「悪いんですか?」

   教授「比較的悪い方です」

   寛平「えー!」

   教授「でも5じゃない」

   医師も本人も笑顔だ。会場にも笑い声……。

   すでに患部には純金の粒が埋め込まれていて、これに放射線を照射するのだという。寛平が「ちょっと痛かったけど、14金です」というと、医師が「24金です」と訂正。純金は24だよな。

   寛平はスタートから1年たったこの1月、ちょうど1万キロを走破したトルコでガンがわかった。医師と連携してホルモン療法をしながら走り続けたが、485日目の今月15日にトルクメニスタンに到着したところで中断。2か月の治療のあいだ、光代夫人は病院の近くに家を借りて、食事などのサポートをする。本人は「まったく嫁のいうままに行動してますから」というが、この間も毎日5キロを走るという。医師も「体力を十分保ってもらいたい」といっているので、これも必要なことらしい。

   加藤浩次が「すごい。治療しながら5キロも走る。健康な人でも大変ですよ」

   テリー伊藤は「医者に聞いたら、もし日本にいたら手術しちゃうだろう。しかし、アメリカは放射線治療で、これは間違ってないといってた」

   前立腺治療ではアメリカの方が圧倒的に症例が多いんだそうで、その治療はまず外部から日に1回、週に5回の照射を5週間行い、休養ののち内部照射になるのだという。この間毎日走り続けて、6月下旬にはマラソン再開というスケジュールだ。

   加藤は「奥さんがずーっといい先生を探していたんだそうです」

   寛平は主治医の手を握って、「治してください」と頭を下げたあとで、カメラに向かって、「真剣味が出てたかな?」とボケてみせていた。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中