2020年 11月 30日 (月)

海水浴客が平気で密漁!養殖サザエ・アワビ各地で被害

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   三浦半島のサザエ、アワビの密猟の現場を坂井一郎がルポした。いま日本の海では、これらはみな漁師が稚貝を放流して、何年もかかって収穫している。これを獲られたら、たまったものじゃないだろう。

子どもに手伝わせて……

   袋を持っている者は袋に入れたり、あるいは短パンのポケットに入れて海からあがってくる。そこを坂井が直撃して、問いただす。近くには大きな看板も立っている。「知ってるんでしょう?」

畑の農作物と同じ

   割と素直にクーラーボックスを見せたり、ポケットから出したり。だが、その答えが呆れる。

「みんな獲ってるけどね」「知らない」「たまーに昔から」「落ちてたのを拾った」

   なかには、バタバタと逃げ出す男もいる。家族でタコを獲ってるのもいた。タコも禁漁だ。みなコソコソしてるから、知ってることは間違いない。

   坂井に言われて、「たまたまいたんだから。返すよ」

   坂井「知ってたんでしょう。お子さん使うのやめようよ」

   やはり被害の多い石川県加賀市の漁師が言う。

「放流して1年以上たって、6・5センチ以上になってはじめてセリにかけられる。その前に持っていかれたら、ご飯食べれんようになる」

   漁協も「昨年11月からサザエ5500個、アワビ5000個の稚貝に、エサ(ワカメ)を与え、海水を流しエアも吹き込んで4月いっぱいまで置いて、放流したものだ」という。それが1割以上も密猟の被害にあう。「告訴して厳しい処分をしてもらうしかない」

   赤江珠緒キャスター「畑の農作物と同じなんですよね」

   坂井は「少しくらいならいいじゃないかと思うかもしれませんが、みな稚貝を買って、放流して2年とか5年とかかけて捕っているんですよ」と、罰金の例を示した。サザエ3個とアワビ1個で、罰金7万円なり。これを高いとみるかどうか。かつて三浦半島では、毎年アワビが100トン獲れたものが、いま10トン。つまりは、乱獲の果てだ。

   タレントの松尾貴史「認識がないんじゃないか。子どもに手伝わせてるし。罪悪感がない」

   弁護士の田中喜代重「農作物と同じだが、海だとどこのだれのものだかわからないし、窃盗になりにくい。海は広いから、天の恵みみたいな感覚かも」

   暴力団絡みで組織的に密猟して料亭に流すなんてのもあるのだそうだ。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中