『犬猿の仲』前田忠明がやっと明かす梨元勝との微妙な関係

印刷
「梨元勝さんが亡くなったというニュースが入ってきました」

   司会の小倉智昭が恒例のオープニングトークを割愛し、「芸能リポーターの草分けであり、情報番組やワイドショーに多大な貢献をした」とオグラも認める故人の臨時追悼企画がはじまった。

   そのメインは、故人と「仲が悪い、ライバル」と目された「とくダネ!」芸能デスクの前田忠明が、2人の秘められた関係をいまだから言いますがと言いながら、大いに明かしたことである。

「僕たち、ライバル関係でいこう」

   前田によれば、「不仲」はもとはといえば昔々、「僕たち、ライバル関係でいこう」と梨元から提案があり、それに賛同した結果なのだという。まだ海のものとも山のものともつかぬ芸能リポーター界を盛り上げるためだったらしい。

毎週キツいこと言ってた

   「梨元さんは他番組で、毎週のように前田さんにキツいことを言っていた。それはどうとらえていたのか」と笠井信輔アナが聞く。

   「梨元さんのキャラだなと、あえてそう思いました。ボクは同じ土俵に上がらないようにしました」と前田。

   梨元からは「ありがとうな」と電話がかかってきたこともあり、記者会見場で親しく話したこともある。「まずいんじゃないか、ケンカしてんのに」と思って、離れたりしたという。

「(仲が悪いと言われたが)実際は違ったんですよ」

   前田は無知な視聴者を教え諭すように「真相」を語り続けた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中