2018年 7月 18日 (水)

勝谷誠彦吠えた!「ボクはテッテー的に守りますよ」尖閣ビデオ公開者

印刷

   ワイドショーの雰囲気というものは、日によって、あるいはコメンテイターの顔ぶれによって、同じトピックでもまったく異ってくる。

   尖閣諸島沖の衝突問題とビデオ流出問題をめぐっては、本日のコメンテイター・勝谷誠彦が金曜日のテリー伊藤のコメント(←リンク)をほぼなぞる展開となり、2人のラインが完成。「愛国」の勇ましいコメントが聞かれた。

「国家公務員法で(検挙を)やりゃあいいじゃないですか。ボクは彼/彼女をテッテー的に守りますよ!」

   勝谷が突きだした指を振り回しながら叫んだ。政府が国益を損う判断をしたときに、職を賭し、人生を賭して、情報を公にした内部告発者は立派だからである。

   一方、「犯人探し」ばかりしているマスコミはおかしいじゃないか。公開した映像を受けて、中国にどう出るかこそ議論すべきである。

「ほかの国に『そんな機密を流出する国なの』と思われる部分は…」
ほかの国では…

   司会の加藤浩次がおそるおそる口を挟む。勝谷によれば「ほかの国では理解される。こういうことはヨソの国でもよくある」そうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中