2018年 7月 22日 (日)

いきものがかり水野「テレビ出ないと活動休止?馬鹿らしい」

印刷

   人気バンド「いきものがかり」のリーダーでギター担当の水野良樹が、創作活動への専念を「実質的な活動休止」とするスポーツ紙の報道に激怒している。

   報道は、同バンドが2011年はじめから創作活動に専念し、ライブなどの表舞台から半年間姿を消すことを「実質的な活動休止」と表現。水野は12月9日(2010年)、「テレビやラジオに出ないと、この国では、睡眠時間を惜しまずレコーディングしていようが、命を削るような気持ちで楽曲を作っていようが、肉体を酷使して楽器や歌の鍛錬をしていようが、ミュージシャンは『実質的な活動休止』と言われるらしい。しかもたった半年で。馬鹿らしい」と、自身のツイッターで怒りを爆発させている。

   水野からすれば、創作活動に専念することは「実質的な活動休止」ではない。11月にあった活動休止報道の時も、「来年も変わらず活動は続けます」と報道を否定し、「曲作りが活動休止になるんだったら、自分は永遠に休めないですわ(笑)ミュージシャンですから」としていた。

   活動休止扱いに呆れかえっている様子の水野は、「もうこの件については、ここでは二度と触れない。訳のわからない『関係者』が出てきたり、発言を都合よく脚色されたり、付き合ってたらキリがない。あとは皆さんで判断してください」と宣言した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中