沢尻エリカうそ涙「離婚合意」って何よ?―勝谷誠彦「我々も踊らされてる」

印刷

   お騒がせ沢尻エリカさん(24) がきのう(2011年1月23日)会見して、離婚に合意したなどと語ったが、これに夫の高城剛氏 (46)は「寝耳に水。話がコロコロ変わるので、もう面倒見きれません」と猛反発。この2人にはもうウンザリのワイドショーも、「離婚」が決まったんならこれで取り上げるのは最後とでもいうわけか、記者会見の様子を伝えた。

   会見はエステティシャン・たかの友梨さんのイベントのあと、たかのが質問する形で行われた。

――帰国したのは?

「9月下旬に体調不良で(CM契約の発表をドタキャン)ご迷惑をおかけした。お詫びするために帰ってきました」

――なぜスペインへ?

「夫と話し合わないといけなかった。身勝手に誹謗したままでは、あまりにも失礼だと反省している。彼の要望だったが、3か月話し合って、(離婚の)意思合意(変な日本語)することができた。詳しくは申し上げられません」

――今後の芸能活動は?

「全く決まっていません。女優として仕事、芝居がしたいが、多くの人に迷惑をかけ 信頼を裏切った。スムーズに仕事があるとは思っていない。ひとつひとつミゾを埋め、信頼を回復していって、もしチャンスをいただけるのであれば、誠心誠意がんばる」

   たかの友梨が帰国をうながしたのがたかのだったことを明かしたうえで、沢尻の育った環境などをあげて、「応援したいと思ってる」と話すと沢尻の目から涙があふれた。

   「人として成長して、日々精進していきます。どうぞもう少しだけ待っていてください。お願いします」と頭を下げた。

いちばん泣きたいのは高城

   MCの加藤浩次「スポーツ紙によると全然話が違いますね」

火に油

   キャスターのテリー伊藤はすでに沢尻に会っている。

「一緒に暮らしていて、『素直に話すんだよ』と(高城は)送り出したのに、こういう話になると、ちょっと待てよということでしょう」

   加藤「正月に一緒にやっていこうと話したばかりと(高城氏は)言ってるのに。夫婦間の問題だから、会見する必要もないと思うんだが」

   勝谷誠彦は「これで何がメリットかというと、スポーツ紙の1面に出たこと。われわれも踊らされてる」

   テリー「大人と子どもが同居しているようなところがある。精神的にもバランス崩している。これを治していくのは、もしかしたら仕事かもしれない。仕事をさせること。さもないと高城さんだって、たまったもんじゃない。いちばん泣きたいのは高城さんかも」

   加藤「会見は普通は火を消すものだが、これじゃ油をそそいでいるような」

   テリー「前回の涙はウソでしたと彼女、言っちゃった。すると、今回もウソかと思われる」

   そう、みんな疑ってる。いっそ仕事をまったくさせないのもいいクスリなんじゃないのかな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中