相葉雅紀ロッテチームに惨敗!「でも、ファンだから…」

印刷

<「VS嵐」(フジテレビ系2月10日夜7時~)>さまざまなゲームでゲストチームと競う番組だが、今回は千葉ロッテマリーンズの6選手(井口、今江、岡田、唐川、清田、成瀬)が登場。プロのスポーツ選手相手だというのに、嵐の助っ人はお笑いコンビ「ロッチ」。ロッテと1字違いだから選ばれただけで、まあ頼りにはなりそうもない。やはり結果は嵐の完敗。手も足も出なかった。

小学生のころからクラブ会員

   それでも相葉雅紀だけははじめから大ハシャギ。なにしろ、千葉県出身で小学生の頃はロッテファンクラブの会員だった。対戦前から「下克上優勝おめでとうございます」と、すっかり追っかけファンのノリ。とうとう球団マスコットのマーくんとデビュー曲「A・RA・SHI」を歌い踊りまくる始末だ。

   そのアイバちゃんは「クリフクライム」にロッチのコカドと出場。ロッククライミングを模したゲームで、クライマーは仲間からパスされる足場をキャッチして登っていく。 コカドはゲームそのものを理解していない。壁の穴に指を入れて登るのだと聞かされて、「えー、指ちぎれるやん」。案の定、途中で固まってベタ遅れ。相葉が素早く得点するも、時間が足りず、ジャンプを失敗して落下してしまった。

   ロッテ側は岡田と唐川。足場を投げるのも受けのる方もお手のもので、スイスイと登ってしまった。大量得点差で嵐チームは惨敗!

   土下座して「すみません」のロッチ。でも、アイバちゃんは「相手が強すぎたね。選手の皆さんに会えて感激」と、完敗しても最後までニコニコだった。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中