10年前の「加藤の乱」―ああ、ネット人気を勘違い!

印刷

   いまや政治家がインターネットでブログやツイッターを駆使するのは当たり前の時代。しかし、思い起こせば10年前、「大将なんだから!」(谷垣禎一)のコントで知られる政治滑稽劇「加藤の乱」のときも、意外なことに(?)インターネットが大きく関わっていたようなんである。

   「覚えてます? インターネットで加藤さんの支持がワーッと広がったんです」と三反園訓・テレビ朝日コメンテーター。当時の政権与党・自民党の有力国会議員で、総理候補でもあった加藤紘一は、不人気な森喜朗内閣に見切りをつけ、仲間や手下と語らって、野党の内閣不信任案に同調しようとした。

過信して永田町とズレ

   三反園によれば、加藤はネット上で支持を広げ、「チャンスだ、オレは人気があるんだ」と思って決起したという。しかし結果を見れば、「ネットの支持者と永田町の間にズレ」があり、加藤は自分の派閥を切り崩されるなどして敗北した。

「なにもしなかったら、加藤さんは総理になっていたと思う。森さんの次はたぶん加藤さんだった。インターネットを含めて乱を起こしたことで、彼はいまも総理になれていない」(三反園)

   今も昔も「ネットで人気」は(とりわけ政治的な面では)あまりアテにならないようだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中