「スッキリ!!」大竹真レポーター厳重注意―被災地で「面白いね」

印刷

   日本テレビは朝のワイドショー「爽快情報バラエティー スッキリ!!」の大竹真レポーターを厳重注意した。大竹は東北関東大震災直後の3月14日(2011年)に被災地の気仙沼から中継し、「まったく、面白いね」と笑いながらしゃべっているところが放送された。日本テレビによると、「中継がなかなかつながらないことを皮肉ったのが流れてしまった」と説明しているが、たとえ放送に流れなくても、被災地で笑いながら「面白い」などという無神経さはレポーターとして失格といえる。

   大竹は明星大卒業後、フリーでワイドショーや情報番組を中心に出演している。厳重注意は担当プロデューサーからだったが、社員でない出演者にどれほどの処分効果があるのだろう。14日以降は謹慎しているというが、有名プロダクションの所属だけに、たちまち復帰ということにならないか。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中