松本復興相って「穏やかで気さくな方」地元じゃ意外にいい人らしい

印刷

   被災地の知事らに偉そうに訓示を垂れるなどして、非難囂々の松本復興相。「知恵を出さない奴は手助けしない、って言ってるワケでしょ。こんな品性の人が大事な大臣をやってて、腹立たしい。ボクら、国民は不幸だ」(舘野晴彦・ゲーテ編集長)など、今日も引き続き、コメンテイターから集中砲火を浴びた(放送放送中に辞任を表明)。

時間には昔から厳しい

   ところが、そんな松本容疑者、いや松本復興相の実像を知るため、番組が地元福岡市で近所の人、いや有権者にたずねると、意外な評判が聞かれたという。

   「地元で聞くと、もともと穏やかな人で、俺が俺がというタイプではない」(所太郎リポーター)。「意外ですよね」「地元では評判のいい、立派な先生ですよ」「もう気さくな方でね。疲れがでとるんやないかと、逆に心配してます」などの声が流れた。仏頂面で偉ぶる政治家、とはむしろ正反対の印象らしい。

   もっとも、40年来の付き合いのある友人によれば、昔から時間には厳しい性格で、「(待たされて)相当、苛立っていたんじゃないか」。

   このたびは、魔が差したのか、本性を現したのか――。重要な資料である卒業文集が披露されなかったせいもあり、そのへんの謎は深まるばかりだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中