「スケバン刑事」の和田慎二死去―漫画家たち追悼

印刷

   「スケバン刑事」などの作品で知られる漫画家・和田慎二が、7月5日(2011年)61歳で亡くなった。6日未明、ツイッター上でいち早く訃報が伝わると、後輩漫画家たちが続々とショックを露わにした。

   「サイレントメビウス」などの作者・麻宮騎亜は、そのペンネームを「スケバン刑事」の主人公・麻宮サキから取ったほどのファン。「ウソであってほしいです。本当に…」「誤報であると信じます」とつぶやくなど、とても信じられない様子だった。

   「HELLSING」などで知られる平野耕太も、「和田慎二先生が亡くなられたってマジか。マジかよ」と絶句。「超少女明日香がすげー好きだったんだよう」と嘆いた。

   「アニメがお仕事!」などの石田敦子は、和田の作品が漫画家としての原点だったと語る。

「漫画ってこんなにおもしろいんだ!って教えてもらった初めての人です。『呪われた孤島』も『緑色の砂時計』も『愛と死の砂時計』も『銀色の髪の亜里沙』も『大逃亡』も『超少女明日香』も『パパシリーズ』もわくわくドキドキして何度も読み返して。模写もたくさんした あの頃の別冊マーガレットが無ければ、漫画を読んでないだろうし描いてない」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中