アナから異動のフジ・宮瀬茉祐子「結婚して退社して米国住まい」

印刷

   フジテレビ系の朝の情報番組「めざにゅ~」などを担当していた宮瀬茉祐子アナウンサー(29)が7月16日(2011年)付けで結婚を理由に退職していた。

   宮瀬は成蹊大学を卒業した05年、平井理央や遠藤玲子などとともにフジテレビにアナウンサーとして入社。スポーツや報道、バラエティー番組など幅広く活躍していた。しかし、09年に巨人・亀井義行と合コンでキスをしたと週刊誌に報じられ、今年6月の人事で広報局広報宣伝部に異動となっていた。

   フジ広報部には、本人から18日に大手広告代理店に勤める男性(32)と婚姻届を提出するとの報告があったという。男性は米国赴任が決まっており、宮瀬は渡米して一緒に暮らす予定だ。人事異動でアナウンサーを外され泣き崩れてしまったとも伝えられているが、広報部は今回の退職に人事異動は関係ないとしている。

   フジテレビのアナウンサープロフィールサイト「アナマガ」には、アナウンサーになっていなかったら「広告代理店で働く!! CMづくりがしたかったです」という、かつてのもう1つの夢が残されていた。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中