ウソでしょ!岡本夏生と蓮舫がアイドルユニット組んでたって!?

印刷

   「スッキリ!!」名物の「ナゾの男」が「バブルの化け物の登場でーす」と紹介したのは、黒革のボディコンにムキムキ、ムチまで持った岡本夏生。レディー・ガガもかくやといういでたちは、自らの冠番組のPR会見だ。

冠番組PR会見は大爆笑

   「こにゃにちわー」と会見に現れた岡本は、「十数年レギュラー番組がなかったのに、突然、冠番組から再浮上しまして、これをやり遂げたら、芸能界ではあとはヘアヌード出して、暴露本出して退散ですよ」とかまして、会見場は大爆笑となった。

人生最大の汚点

   キャスターのテリー伊藤は岡本の意外なところを見ていた。

「食生活がしっかりしている」

   ナゾの男も「このボディーを保っているのは凄い」

   テリー「ボディーだって、お金かけてないですよ。家で粗食。たいしたものだね。性格はダメだけどね」(笑い)

   岡本は会見で、「バブルの頃は、思いもよらないようなある方と(アイドル)ユニットを組んでいました。その方は現在でも超有名人でございます。その方を当てていただきたいと思います」とクイズを出した。

   テリー「ずっと1人だったよね」

   ナゾの男「グループだったんです」

   テリー「あ、グループ」

   ナゾの男「これをいったらわかる。2位じゃダメなんですか…」

   弁護士の菊地幸夫「蓮舫さん?」

   ナゾの男「その通り」

   スタジオでは「エーッ」 、「ウソでしょ」の声が上がる。

宿命のライバルで事務所は大喧嘩

   岡本はここでもかます。

「答えは、あの仕分けの女王、蓮舫議員でございます。お互いは宿命のライバルよ。どっちの出番が1秒長いだ多いだと、(所属事務所は)大喧嘩。 現在でいうところの、AKB48のセンターポジション争い。そんな感じよ」

   テリーが珍しく「へー、そうなんだ」

   当時の写真が出た。1990年10月30日号の週刊「プレイボーイ」で、岡本(25)と蓮舫(23)が並んでる。いやー若い。

   ナゾの男「ユニット名が漂流ガールズ」(爆笑)

   テリー「蓮舫さんの人生最大の汚点だね。これもって会いにいったら水かけられる」

   ナゾの男「漂流してくれ、っていわれちゃったり」(笑い)

   テリー「ちょっと面白かった」

   おおいにもりあがったのだけけれど、肝心の岡本の冠番組名が出てこなかった。まったく、インターネット「AmebaStudio」の生放送「夏生に 夢中」(毎週火曜午後10時)です。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中